大阪座学、総括。そして私も総括。

お久しぶりになってしまいました~

色々とバタバタとしております。

今更ですが~8月3日にチャーリーママさんによる『大阪座学』が開催されました。

テーマは総括。

今までの総復習でございます。

*支配性について
*条件付けに付いて
*動物福祉と犬の欲求について
(犬の成長過程)
*リード使いについて
*犬のボディーランゲージについて

動画を用いた犬のボディーランゲージのお話。

等がありました・


具体的な方法を期待されてる方に申し訳ないのですが、
チャーリーママさんの飼育法はマニュアルはありません。

強いて言えば・・・・

古典的条件付けをベースとし、
古典的条件付けされた二次強化子を駆使し、
犬の感情に訴えた取り組みを続ける事で犬がスルー出来る力を養い、
人間社会において犬が犬らしく生きやすくサポートする。

でしょうか?

今回の座学は総括でした、総復習です。

なので・・私も総括!今までを振り返ってみたいと思います。

私のダクとの取り組み・・・もうどれくらいですか・・
チャーリーママさんのブログに出会うまでの事は、散々書いてきましたので省略いたしますが
誰も通らない道を『どうか犬に会いませんように』と祈るように歩く毎日でした。
(それで充分伝わりますね)

そんな時に見つけたチャーリーママさんのブログ。

最初は・・

夢物語に思えました。
現実には不可能だろうとも。

なぜそうとしか思えなかったか?

その頃はまだまだ自分の中に支配性がくすぶっていた。
犬を変えたい・・ダクを何とかしたい。
そう思っている以上理解できるはずは無かった。

それでも毎日食い入るように記事を読んでいました。
ある日、勇気を出してコメントしてみました。
その時頂いたレス。。

『犬はどんな対応をしても、認められたくて安心したくて必死でついてくる、
犬に甘えないで自分に出来る事をして犬の愛に応えたい、犬を飼うってそういうことかな・・』

2008年12月です。。

『犬に甘えない』・・その言葉にズシンと来た私でした。

それから始まる・・社会化のやり直し。

先ずはどうしたか・・

散歩におやつを持っていくようになりました。
勇気を出して公園を歩くようになりました。

10132160031_s_201408150052147b7.jpg
チンピラ犬は相変わらずでした・・

名前を呼んでオヤツ・・なんとな~くやってただけでした。

t02200367_0240040010214541461_2014081500521391a.jpg
こうなったら~『ダク』聞いちゃいねぇ~

犬に会う~激吠えしながら突進する。。

止める事しか出来ませんでした。

玄関出て。。公園から犬の吠え声が聞こえたら・・

10139609745_s_20140815005543c17.jpg
一歩も歩けませんでした。

それでも・・・毎日毎日。。
『ダク』でおやつ。
『ダク』で良い仔ね。

穴が開くほど噛まれる事もしょっちゅうでした。

そりゃ~腹が立つし、正直に言いますよ~~殺意さえ覚えた日もあります。

それでも・・毎日チャーリーママさんの発信を読んでました。
読み終わると。。足元で寝ているダクがとても愛しくなりました。

『明日も頑張ろう、明日はこうしてみよう』
チャーリーママさんのブログは私に『明日』をくれるものでした。

1年が過ぎる頃・・ふと気づきます。

『なんか楽しい~~』

チンピラは相変わらず、、でも通じた?と思える瞬間も増えていました。
持っていくオヤツを考える時間もルンルンになっていました。

そんな時。。10歳のダックスちゃんに会いました。
ダクは自ら頭を低く~弧を描くようにしてゆっくりと近づいて行きました。

『犬・・苦手じゃない仔もおるんや』

そして・・・
blog_import_4efac22c1e525_201408150108250ba.jpg
あやめ姐さんと出会います。

あやめ姐さんとの出会い。。大きな転機になりました。

丸ごとを受け止める。それがどういう事なのか。
あやめに教えられました。

そして、行動分析に出会います。

『飼い主塾』を受講しました。

正の強化。正の弱化。負の強化。負の弱化。
レスポンデント。オペラント。
行動とは?要求とは?

新鮮でした。

行動の置き換え。

ダクの『行動』の『問題』に目を向けると見えてくるものはたくさんありました。
先ずは行動、突進を止める事に集中しました。
突進を止める・・リードでの制御です。

ココでも古典的条件付けを用います。
体の一部をつまんでおやつ。タッチで良い仔。
急な刺激(リードでの制御=止められる)をも心地よい物と条件づける
ガッチャエクセサイズですね。
コツコツ取り組みます。

聞く耳を持ってもらう、こちらからの呼びかけが届くような状態にする。

同時進行で

二次強化子を常備する。

私の場合・・『足』でした。

足を出しておやつ。足を出して『良い仔』
最初は『その足邪魔じゃ~』で飛び越えられてました。

それでも毎日毎日、、続けます。
何と何を対提示しているのか?
常に意識しながら取り組むようになってきました。

少しずつ・・
SN3O0241_20140815012348f5e.jpg
『足を出す(見せる)』と見上げるようになりました。

犬を見ても『ダク~~』でスルー出来る日が増えてきました。

子供が苦手で会うと吠えて追い払っていたダクです。

可能な子に限られますが、会えばおやつをあげてもらっていました。

子供⇔おやつ。これも古典的条件付けですね。

今ですか?
P5171447.jpg
小学生男子に囲まれて~
P5171448.jpg
ご満悦です。

P5171445.jpg
ダクにとって子供=
P5171446.jpg
心地よい物と条件付けられたんでしょうね。

あやめ姐さんとの2頭引きも古典的条件付けをベースにします。

一緒にいると良い事があるよ。

PC150632_20140815013305477.jpg
おやつは必ず一緒です。

SN3O0254_201408150133064db.jpg
並んでオヤツ。

そうして・・

t02200165_0640048011103274330_201408150133064f8.jpg
SN3O0268_20140815013304ac4.jpg
SN3O0367_20140815013304fb4.jpg
SN3O03110003_20140815013303e9e.jpg
同じ方向をみて・・おなじ方向へ行く。間柄に♪

お互いがお互いの好子になっている。
そんな風に思う出来事がありました。

ある日。。大型犬を見たダク・・一瞬緊張が走ります。

尻尾を高くピンピンです。
その時
あやめ姐さんがす~~~っとダクの隣に並びました。
その瞬間、ダクの尻尾がす~~~と下がったんです。
その瞬間がこれ↓
SN3O03550001_201408150140445d1.jpg
あやめの存在を感じたダクが一瞬で落ち着いた。

姐さんが姐さんと言われる所以です。

ダクの吠え・咬み、犬を見たら劇吠えしながら突進する行動がどうやって改善されたのか?

悲しいかな人は方法を知りたがります。
具体的な方法に流れます。

チャーリーママ流は愛です。それでしか表現できません。

でも「愛なのよ」で済ませたくは無かった。済ませてはいけないと思っていました。

なぜなら

よく聞きますね

『愛情をもって毅然と叱りましょう』
『目を見て毅然とNO!と言いましょう』
『要求は徹底的に無視しましょう』

毅然と・・愛情を持って。。

愛があればショックかけて良いのか?
愛があれば無視し続けて良いのか?遮断しても良いのか?

愛はあって当たり前。

その上で理論で証明したかった。

私が学び続けている理由です。

二次強化子は脳の旧皮質に強く作用されるそうです。

感情。情動に訴える。

行動を置き換えつつ、情動にも訴える。

(罰ではない)正の弱化と言われています。

二次強化子を対提示する事で何が弱化されるのか?
犬が感じる刺激が弱化される。
結果。行動の問題そのものが弱化されて
吠え。突進、が弱化された。

結果、叱らずとも、罰を与えなくとも

問題行動は無くなる。

それが
『良い仔だねと育てれば良い仔に育つ』という事だと思っています。

今のダクと私の会話です。

当たり前のように渡っている塀の上。
この日はあっち側にびびりちゃんなワンコさんがいました
『今日は行かない』
『あっそ』ですかね。


犬にも感情がある。まだまだ脳のしくみまで解明されているわけではありません。


医学、生物学、心理学、日々進化しています。
まだまだ学びは途中です。



犬と人が完全に通じ合うなんて夢物語なのかもしれません。
でも自分の存在がダクにとり最強の二次強化子となれば、
近い将来、、
もう頑張らなくてもいいよ・・逝きなさい。と送り出せるようになれるかもしれない・・

チャーリーママさんの方法論
ず~~っと変わらない物です。

二次強化子を対提示し、刺激の加減をする。
0にならずとも加減してやることで刺激を乗り越え、スルーする力を養える=キャパが広がる。

ストン!!と落ちた座学でした。























▲このページのトップへ戻る

コメント:


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

プロフィール

ダクママ

Author:ダクママ
大阪でダックス2頭と暮らしてます。
びびりんダックスダクとど根性あやめとのゆるゆる~な精進日記です。

山梨わんこを応援してます。
山梨わんこチャリティーショップ
http://yamanasiwanko.cart.fc2.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

毛皮なんて要らん!

img1c103e648vr42k.gif border="0">

大きくなれよ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとう~♪

ぽちっとな♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR