スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

盲導犬との体験歩行

盲導犬との体験歩行ができる催しがある。
それを知った時、『やってみたい』と・・
やってみたい!そう直感したなら~行ってみるべし!

当日催し開始時間の10時に会場入りしました。

盲導犬訓練所のブースを発見。黒ラブちゃんが♪

訓練士さんとお話しさせて頂いたところ~申し込みは13時から。

しかし!8名限定なので早めに来てね。って・・・

それまでどうしましょ。。

そこは視覚障碍者の方のリハビリ施設になってまして。
お祭り会場でもありました。
色んな模擬店もあり~の。
コンサートもあり~の。
施設の中では、視覚障碍者の方の作品も展示されていました。

折り紙。絵画。
とっても素晴らしく細かく折られた鶴。

『凄い!上手!』と独り言を言いつつうろうろしていました。

指導員の方とお話も・・

『もし、白杖の方が困った様子だったらどうしたら良いですか?』
と聞いてみました。
急に触れるのは絶対アカンとは分かるんですが、
急な声掛けもどうやねん?って思っていたんですね。

そしたらね、
『全く知らない場所に一人で出かける事はほぼ無いと思うけど
もし困ってそうに見えたら普通で良いんですよ』

と・・

普通に。

『何かお手伝いしましょうか?』と聞いて下さい。

との事でした。

模擬店で、フランクフルトを食って、ジュース飲んでたら、ふと隣のブースに

復興支援プロジェクト、と銘打った模擬店が!

岩手県産の、なめこ汁、ワラビ汁、乾燥岩のり。お買い上げ~~♪

福島県の方手作りのお箸もお買い上げ~♪

時間も迫っていたので~盲導犬のブースへ。

デモンストレーション犬でもある、ZIP君。が鎮座しておりました。

時間までブースでバッグとかマスコットタオルとかお買い上げ~~♪

盲導犬候補犬のヴェッティーちゃんと触れ合ったりしておりました。

パピーウォーカーの方ともたくさんお話しさせて頂いて。

楽しく過ごしておりました。

そろそろかな?・・と思った時。一人の男性に声かけられました。

白杖でお一人で来られていて、

『盲導犬と歩けるって聞いたんですが・・・』

ブースまでご案内したんです、、、

その後も何名か来られました。
先着順とか聞いてたけど・・・

そっか・・・と遅まきながら気づきました。

『盲導犬との体験歩行』一番必要なのは目の見えない方なんやと・・・

訓練士の方に『諦めます』、と伝えに行ったんですね。

ちょっと嬉しそうにされた後、

『待ってね、もし8名に満たなかったら歩いてもらえるから』

そう言ってもらえたんですが、

意を決して

『ご迷惑にならないようにするので後ろからツイテ歩いても良いか』

とお願いしてみました。

『へ?』と不思議そうにされてしまったので。

「トレーナーの勉強をしています」
「見えなくなったりした犬をハンドリングするヒントが欲しい」

「分かりました!後程お呼びします」

やったー!!

で待機してました。

そしたら、、ビンゴゲームが始まりまして、そっちに行くからとキャンセルが出た!

速攻で来てくださいました。

「よかったら歩いてみませんか?」
「いいんですか?」
「ぜひぜひ!」

え~も~ドキッドキでした。

基本姿勢から教えて頂きまして、

犬の右側にたって左足を一歩前に出して立つ。

ハーネスは左手指3本で持つ。

ハーネスはスライドします。緩み過ぎない、張りすぎない、状態をキープです。

あ!もちろん訓練士さんもリードを持ってます。

出だしの合図は訓練士さんが。で歩き出しました。

なんだろう、、見えていることで見えなくなった?そんな感じがしまして。

「見えているから分からない事もありますね」

「アイマスクしますか?」

「やります!」

途端に視界が真っ暗です、(当たり前やが)

瞬間自分がどこをどう歩いているのか全く分からなくなりました。

頼りは左手の指3本から伝わるものだけ、

意識を集中しないと掴めない感覚でした。

交差点で止まる。

そこで『ZIP!グッドボーイ』で褒めて撫でる。タッチでも良い。

左に曲がる指示を出す。

右足を左斜め前11時の方向へ一歩出す。

そして

『ZIP!レフト!』

で左に曲がる。。ココの感覚でびっくり!

歩き出し一歩はもちろんハーネスは引かれます。

『あ』と感じた瞬間には、その引かれた感覚は無くなって、

ふわぁ~~っと足が動きました。

まさしく~グッパー!

そのは・・小さい小さい。でした。

ふわぁ~~もまさしくパー!解放感ですね。

解放感を感じた方角に足が出た?んだと思います。

ちゃ~~んと左に曲がったんやからね。

歩き出しも同じ、

ハーネスの緩み、緩み過ぎてもダメ。張りすぎてもダメ。

その微妙な加減を保つ事が、スムーズな誘導に繋がっているのだと実感いたしました。

ナスカンを垂直にリードは緩み過ぎず張りすぎず、

それが犬にとってノーリードで歩く感覚に一番近い。

それは理解していましたが、ほんの小さな刺激で十分伝わる持ち方であること。

一番伝わる距離が脚側位置なのである。

一緒に歩く=共同作業である。

リードを引く、ショックかける、いかに無意味な事なのかと、

体に教えてもらった時間でした。

色々訓練士さんから教えて頂きました。

盲導犬の仕事は。

『交差点で止まる』

『障害物を避ける』




交差点で止まる。
ユーザーさん(そう呼ばれたので私もそう呼ばせて頂きます)が指示を出す。
右なのか、左なのか、まっすぐなのか、
盲導犬はその指示された方向へ誘導する。

わかります?

ユーザーさんは止まる度に
『ココを右だな』
『さっきまっすぐ行ったからココは左』
頭の中の地図をたどっているわけです。

私・・・恥ずかしながら初めて理解しました。

盲導犬が行先まで知っていて案内してると思い込んでいました。

そして、アイマスクで歩いて芯から実感した項目があります。

『正しい不服従』

例えば、まっすぐ進む予定であっても

前方に自転車がやってくる、このまま進むとユーザーさんとぶつかる、危険である。

そう判断した盲導犬は止まる。

当然まっすぐ行く予定なのだから、その時進めの指示があっても従わない。

それが正しい不服従だそうです。

ググってみました。
ウィキペディア『利口な不服従』

盲導犬と生活を共にされるわけですから、

当然、犬のお世話の問題がありますよね?

排泄、食事、ブラッシング、入浴、それはユーザーさんの役割だそうです。

その為に盲導犬と共に寝食を共にしながら訓練する期間がある。

お互いが目となり、手となる、その訓練をする。

集中力、体力、気力、想像しただけで凄い事です。

目の見えない方にとって盲導犬と歩く。

それはとっても勇気が要る事なんですね。

盲導犬が珍しいからといって、無闇に声をかける、触る。

点字ブロックに気付かないで立つ、その上に物を置く。

それがどんな意味を持つのか?

沢山の人に知ってもらいたいです。

ほぉ~ほぉ~~の連続で、忘れてしまう

『ZIP!グッドボーーイ!』の褒め言葉。

褒め言葉と同時にタッチで『ありがとう』を伝えているんですね。

『指示に従った時だけじゃなく、テンポよく歩いてるな!元気がいいな!
そう感じた時はドンドン褒めてあげて!
犬も同じ、ドンドン調子よくなってノリノリよ~』

最初はぎこちなかった『グッドボーイ』の言葉も
歩く間にお互いの波長が合う?そんな波動?が伝わってくると
自然と出てましたよ
『ZIP~グッドボーイ』

そして・・そして

ハーネスの持ち方、力の抜き具合、犬と並行して歩く姿勢。

『上手ですよ』

褒められた~~~やりぃ~~♪

パピーウォーカーの方ともたくさんお話ししました。

『もうこの仔で最後に!毎回そう決めるんやけどね~
話が来ると、ついやってしまうねん』

別れる時辛くないですか?って聞かれた時ね、

その方は

『悲しい別れじゃないからね、立派な盲導犬におなり~』

そうやって送り出されるそうです。

普通の家庭犬と同じで良いけれど!

食事は人と犬。ビッチリ分ける。

それは大事な決まり事だそうです。

一番大切なパピーウォーカーの役割。

『人は怖くない』
『人は大好き』


それだけで良いのよ~~♪

『悪さやで~~』って笑って言われる、とっても素敵な方でした。

今回盲導犬と歩いて感じた事。

盲導犬が障害物であると認識しないようにこちらも動く。

特別な事はしなくていいように思います。

あ~まっすぐ進まれるんやな~って感じたらスペースを開ける。

変に構える必要は全くないと思います。

多分、、こちらが構える事で余計な緊張感を与える結果になる。

困っている様子を見かけたら、『お手伝い出来る事はありますか?』

そう声をかける。

自然に道を開ける。そんな社会であれば良いなと思いました。



盲導犬を一頭育成するのに必要経費は・・

500万!・・・・だそうです。

寄付や賛助会員からの会費、グッズの売り上げなどで90%を賄っているそうです。


歩行体験からのハンドリングの変化ですが、

ぐ。をいかに小さく伝えるのか?そこに意識を持って行っています。

横方向からのぐっぱ。

止まっている状態から歩き出すときのタイミングとか・・

特にあやめ姐さんに意識を集中しています。

私の匂いと共にリードを通して

『こっちやで、左曲がるよ~』がやさしく伝わるように。。

近い将来、目も耳も遠くなる日が必ずやって来る。

その時の為に、頑張りまっする。

最後に・・
訓練士の方。パピーウォーカーの奥様。とっても有意義な時間を頂きました。

感謝いたします。

そして、パピーのヴェッティーちゃん。天真爛漫なまま、慈しまれてすくすく育ってね。
私のつたない犬語・・通じたでしょうか?瞬きして良い仔ね。通じてたら嬉しいなあ~

そしてそして、大事な事を教えてくれた

盲導犬はもう引退してデモケンジャーになったんやね。

人の為に尽くしてくれて本当にありがとう。

あなたを通して実感しました。

犬は偉大である。

最大の敬意を表します。

ほんまにありがとう。。

文字だらけの記事になりましたが、最後までお付き合いくださりありがとうございました。













▲このページのトップへ戻る

コメント:


管理者にだけ表示を許可する
Re: ムクムク様へ
ムクムク様、はじめまして。
レスが遅くなり申し訳ありません<(_ _)>
盲導犬と歩く、本当に衝撃の体験させて頂きました。
犬の能力と健気さ、たくさん教わって来ました。慈しみ寄り添い感謝し寄り添う。本当にそうですね。
犬って素晴らしいですよね。共感して下さり感謝します。
コメントありがとうございました。
  • ダクママ
  • URL
  • 2014-11-23(日)02:18 [編集]
始めまして^^タグママ!!ブラボー♡♡素敵な体験されたんですね。家庭犬、働く犬、基本は同じ慈しみ寄り添い共に生きる!!ですよね<(`^´)>
  • ムクムク
  • URL
  • 2014-11-17(月)22:41 [編集]

トラックバック:

プロフィール

ダクママ

Author:ダクママ
大阪でダックス2頭と暮らしてます。
びびりんダックスダクとど根性あやめとのゆるゆる~な精進日記です。

山梨わんこを応援してます。
山梨わんこチャリティーショップ
http://yamanasiwanko.cart.fc2.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

毛皮なんて要らん!

img1c103e648vr42k.gif border="0">

大きくなれよ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問ありがとう~♪

ぽちっとな♪

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。